タイムイズバディー

ダイエットコラム

男でも酵素ドリンクで痩せる?評判の「優光泉」の効果を検証レビュー!

更新日:

若い頃はちょっと食事を抜いたり運動をしたら簡単に体重が落ちたのに、おっさんになって全然体重が減らなくなったというアナタ。

ジュン
心の友ですよ…
大人のダイエットは一筋縄ではいかないですよね…

そんなおっさんでも運動なしで健康的に、しかも簡単に痩せられる方法があるとしたらどうですか?

この時点で「あやしい」と思った人、ちょっと待った!!もう少し読んでいってください!

このウマイ話の正体は酵素ドリンクの活用。

ぼくが試したのは、酵素ドリンクの中でも特に評判の良い「優光泉」です。

あくまで、ぼくの体感ベースですが、効果にはすごく満足しています。ネットでも高評価を得ているので、試す価値はあるかと思いますよ。

男性の酵素ドリンクダイエット「優光泉」



「ホンマかいな?」と、まだまだ半信半疑の方は詳しく書いていきますので、引き続きご覧ください。

酵素ドリンクってどんなもの?

女性を中心に、痩せる!お通じが良くなる!肌の調子が良くなる!と、絶賛の嵐を受けている酵素ドリンク。

この酵素ドリンクとは、そもそもどういったものなのかという点ですが、読んで字の如く、酵素の入ったドリンクです。

で、その酵素とはなにかですが、極めて簡単に書くと、カラダの中で良いことだけを頑張ってくれるヤツらです。簡単に言いすぎですが、間違いはないです。

ひとくちに酵素といっても様々な仕事をするヤツらがいまして、有名どころでは「消化酵素」「代謝酵素」などがあります。

このあたりは聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

これらの酵素はカラダの中でも一定量つくられていますが、その量は歳をとるごとに減っていくので、外から摂って補おう!というのが、酵素ドリンクの役割というわけですね。

酵素ドリンクを選ぶ3つのポイント

昨今の酵素ドリンクブームに乗っかって、かなりの数の粗悪品が出回ってしまっているのが現状です。

そして、酵素ドリンクを調べてもアフィリエイトサイトが多すぎて、なにが本当にいいのか分からないカオスな状態になっています

しかし、その中からでも本当に効果のある酵素ドリンクを選ぶポイントを伝授しますので、参考にしてください!

1.混ぜものがない

とくに多いのが、酵素原液を薄めて売っているもの。これは粗悪品以外のなにものでもないので、購入はやめましょう!

メーカーのページで酵素原液100%という表記があるものから選ぶのは必須です。

2.国産で無添加

カラダに良いと謳っている酵素ドリンクの中に、添加物や香料が含まれているのは論外ですよね。しかし、そういった商品も多く出回っているので、注意が必要です。

そして、酵素ドリンクの原材料は野菜や果物なので、国産原材料を使ったものだと、より安心ですね。

3.味がおいしい

いくら成分や効果が良くても、味が絶望的にマズければ続けられませんよね。

ジュン
ぼくも味がマズかったらゼッタイに続かないよ…

ですので、味がおいしいものを選ぶのは最重要ともいえるポイントです。

総合的に優光泉が良い!

上記で挙げた3つのポイントもクリアしており、評判も圧倒的に良いのが優光泉です。

混ぜもの一切なしで無添加・無香料。原材料の野菜なども地元・九州で採れたもの(販売元が佐賀の会社さん)を中心に使用され、純国産材料で真面目につくられています。

それでいて驚きなのが、味もおいしいという点です!この点については詳しく後述しますが、ハッキリ言って優光泉以外の酵素ドリンクを選ぶ理由はない!と言えるほどの商品です。



アラサー男の優光泉使用レビュー

ぼくが酵素ドリンクの中で優光泉を選んだのは、まず知り合いからのススメがあってのことでした。

そこから軽く調べてみたら本当に良さそうな情報がチラホラ。

じゃあ優光泉を試してみるか!ということで、すぐに注文。

注文から開封!

決済・発送もスムーズですぐに到着しました。
※こちらから注文できます→酵素ドリンク「優光泉」

ワレモノなので、厳重に梱包されています。
優光泉の梱包

ぼくが注文したのが、試しやすいハーフボトルの2本セット。

味がスタンダードと梅の2種類セットになっていて飲み比べが出来るので、初めての注文にはこのセットがオススメです。
優光泉スタンダードと梅

栓を開けた時に感じた正直な感想。

く、くさい

具体的には黒酢や樹液のような嗅いだことのある匂い。控えめに言っても「飲みたいなー」と思える匂いでないことは確かでした(笑)。

まあ混ぜものなしの酵素ドリンクですし、ある程度は覚悟もしていたので、とりあえず飲んでみることに。

氷を入れたグラスに酵素ドリンクの原液を注ぎます。とろっとしていて見た目は美味しそう。

あ、今回は記事用に2種類同時につくりましたが、普段は分けて飲んでいますよ。念のため。

ここから水や炭酸で好みの濃さまで希釈していきます。ビジュアル的にはめっちゃ美味しそう!
優光泉の希釈後

これが天然のもので、もちろん無着色でつくっているものなのは、素直に感心しますね。

いよいよ肝心の味見!

まずは優光泉スタンダードから。

ごくっごくっ!

え、うまい?

いや、うまいな!!

嘘みたいなんですけど、普通に美味しいんですよ、これが!
優光泉スタンダードの希釈後

イメージだけで言うと、あま~い大根のような感じです。こう書くと、あまり美味しくなさそうですね(笑)。

ただ、ほんとに自然な甘みなので抵抗なく飲めてしまいます!優光泉おそるべし!

果物が多少入っているとはいえ、野菜ベースでこのまで甘みがでるのかと、ビックリしました。

ちなみに原材料はこんな感じ。いろいろと入ってますが、きっと企業秘密の配合なんでしょうね…!
優光泉の原材料

では、次に優光泉 梅を飲んでいきます。

ごくり。

うん、梅ナイス!!

スタンダードをさらに飲みやすくした感じですね。ただ、飲みやすすぎてスタンダードの独特な風味が好きな人には物足りなく感じてくるかもしれません。
優光泉梅の希釈後

ぼくはちなみに梅派です。

このへんは実際に試してみて決めるしかないので、まずは2本お試しセットでの注文が良いですよ!

公式サイトで見る→九州産野菜にこだわった完全無添加の酵素「優光泉」

優光泉の飲み方

酵素ドリンク試しまーす!と勢い余って注文したものの、イマイチ使い方の分かっていないぼく…。いつ、どういう形で飲めばいいんや…。

そんな迷える子羊のぼくにも救いの手が!
優光泉ガイド

こんな冊子が同封されて入っていたんですが、ここに使い方や酵素ドリンクの悩みについて事細かに書いてくれているんです!!!

これを読みさえすれば、自分にあったスタイルで酵素ドリンク・優光泉を試せるようになっています。こういった細かなサポート面も満足度が高い理由の一つでしょうね。

朝の置き換えで実践!

付属の冊子を読んでいると、プチ断食(ファスティング)に使用する方法も詳しく載っていて勉強になります。…ただ!ぼくのようなヌルい人間が実践するにはガチすぎる!!

ジュン
断食まではムリっす…!

なんとか、ぼくのようなダメ人間でも実践できる方法はないかと冊子を読みこんでいたところ、見つけました!ズバリ、朝食を優光泉だけにする方法!

これであれば実践のハードルも低く、続けられそう!ということで、この方法で実践していきます。

優光泉の効果は…?

ぼくが朝を優光泉だけにする方法を始めてから3日で身体に異変が…!

一年中お腹がゆるいで有名なぼくの腹具合、つまり腸の調子がすこぶる調子よくなっていたのです!たまたまかな?とも思ったのですが、次の日以降もバッチリで、これは優光泉の効果だろうと確信をもちました!

ジュン
コレは…イケる!!

こうして腸内環境が改善されることにも減量効果があるんでしょうね!

具体的な1か月の体重推移

丸々1か月、朝を優光泉のみ生活をした結果、

98.1kg→94.0kg

なんと1か月で4.1キロの減量に成功!
…え?そもそもの体重が重すぎる?まあ、優光泉以外の要因もあっての体重減だとも思いますし、あくまで参考程度ということで。

こちらの記事で他の取り組みについてもまとめてます。ただ、ほとんど優光泉頼みの内容ですね。

それでも、ただ毎日飲むだけで痩せて腸の調子もよくなるなら「買い」じゃないですか?

ジュン
ぼくはすでに追加注文をしました!

簡単に痩せられて、なおかつ健康になりたい!という欲張りさんは試す価値ありますよ!オススメします。


結論:優光泉は買い!試す価値あり!!

優光泉は、体重の落ちにくくなっているオッサンの救世主と言っても言い過ぎではないです!

今回ぼくは、他にもダイエットの動きをしながら優光泉を取り入れていたので、純粋に優光泉だけの効果が拾えたわけではないですが、優光泉なしでここまで体重を落とすのは不可能だったというのは確信をもって言えます!

ですので、現在ダイエットを考えている、なにを試してもイマイチ成果が出ない、きついダイエット嫌だ、などと考えている人は、この優光泉を是非一度試してみてください!

もちろん万人に効果があるかは分からないですが、もしこの優光泉で効果が得られれば、これ以上に簡単でラクなダイエット方法はありませんからね!

ジュン
しかも健康的なのでサイコーですね!

健康的な無理しないダイエットをしたい方へ「優光泉」酵素



-ダイエットコラム

Copyright© タイムイズバディ|自宅で筋トレ&ダイエット , 2018 All Rights Reserved.